ラッキーライラックがチューリップ賞GⅡを楽勝 無敗で桜花賞へ

3/3に阪神芝1600mで行われたチューリップ賞(GⅡ)をサンデーサラブレッドクラブ所属馬ラッキーライラックが優勝。これで4戦4勝として、無敗で桜花賞に挑むことになります。

今回は意識的に出していって道中は3番手追走。残り1ハロン手前まで追い出す余裕を見せながら、最後まで気を抜くところを見せずに完勝でした。鞍上の石橋騎手が今後を見据えて早めに抜け出す競馬を試したようなかたちで、ゴールまでしっかり追って集中して走らせていた印象。同じコースで行われるトライアルとしては、これ以上ない内容だったと思います。

2着だったマウレアの武豊騎手が「追いつけるような気配がなかった」というほどで、5連勝も現実味を帯びてきたように感じます。アーモンドアイとの激突が今から楽しみです。

3着は同じサンデーサラブレッドクラブのリリーノーブル。阪神JFでの2着に続いて、ここでもラッキーライラックの後塵を拝しました。今後もラッキーライラックが目の上のタンコブ的な存在になるのでしょうか。本番の桜花賞でどんな策を練ってくるか楽しみですね。

ラッキーライラックには凱旋門賞へ参戦するプランもあり、桜花賞を勝てばその実現可能性はグッと高まります。父オルフェーヴルの無念を晴らすのは果たしてこの馬なのでしょうか。

ラッキーライラック(牝3)
父オルフェーヴル
母ライラックスアンドレース
栗東・松永幹夫厩舎
生産・ノーザンファーム

サンデーサラブレッドクラブ募集馬
(クラブ法人・サンデーレーシング)
募集価格 3000万円(一口75万円)
獲得賞金 1億5554万8000円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. writeaessay より:

    write essays for me http://dekrtyuijg.com/

    Nicely put. Kudos.