【レース回顧】安田記念2019

アーモンドアイとダノンプレミアムの二強対決とみられていた安田記念でしたが、勝ったのはインディチャンプでした。

インディチャンプが能力を見せた

まずは勝ったインディチャンプから褒めないといけないでしょう。福永の手綱さばきも完璧でした。やはり今の馬場だと、ある程度の位置に付けて速い上がりを繰り出せるタイプじゃないと厳しかったですね。マイルに絞って使われてきた生粋のマイラーが、緩みのないマイルらしい競馬を制して頂点に立ったという意味では、好レースだったと思います。

2着はアエロリットでした。前走の競馬を見て、この馬に向く安田記念になると予想して本命にしました。戸崎なら典ちゃんほど飛ばさないだろうとも思いましたし、それでもスピードを生かして最後まで粘れると思っていて、アーモンドアイとダノンプレミアムの追撃をどこまで封じられるかという競馬になるだろうと。

予想通り軽快に飛ばしていって、直線でももうひと伸びを見せたのでこれは来たかと思ったのですが、インディチャンプがグイッと出たところがゴールでした。戸崎は1年ぶりの騎乗でしたが、完璧に乗ってくれたと思います。ダービーも2着、ここでも2着と悔しい競馬が続く戸崎ですが、ソツのなさという点ではトップレベルです。力のある馬に乗ることもできているので、G1のチャンスはいくらでもあるでしょう。

アーモンドアイの強さが際立つ

アーモンドアイは出負けと不利が重なって後方からの競馬を余儀なくされました。位置取りやペースを考えると万事休すでしたが、タイム差なしの3着まで追い込んでくるのですから恐れ入ります。稀代の名牝としての意地を見せた形にはなりました。ただ逆に言うと、圧倒的な力を持つ馬でも負けてしまうのが競馬だということを再確認する形になりましたね。大本命とはいえ、帰れなくなるような勝負はしてはいけないということです。

ダノンプレミアムは不完全燃焼

ダノンプレミアムは好きな馬なんですよね。もちろんここでもアーモンドアイと一騎打ちになるくらいの馬だと思っていましたが、スタート後の不利でリズムを崩して終わってしまいました。ゴール後は脚元に異常を感じてか、川田が下馬。その後、異常なしと発表にはなっていますが、心配です。
慎重に使われてきた馬だけに休養が長引く可能性もありますが、できれば秋の天皇賞でまた、アーモンドアイとぶつかって欲しいと思います。

外枠の馬たちは巻き返しがありそう

上位8着までのうち、馬番が2桁だったのは14番のアーモンドアイだけでした。これだけのスピードレースになると、外枠によるコースロスの影響が相対的に大きくなるのでしょうね。予想でアエロリットとインディチャンプをあげたのも、内枠の有利を考えてということもありました。

それだけにただ1頭外枠から飛んできたアーモンドアイの強さが際立っています。外枠を引いて凡走した馬たちは、次走以降に注意して見ておくと、どこかで美味しい思いができるかもしれませんね。

コメント