鳴尾記念2019・予想

宝塚記念の前哨戦的な位置づけの鳴尾記念ですが、近年はいまいちパッとしないレースになっている印象もあります。開催代わりの開幕週ということで、逃げ馬が穴をあけたりすることも多いレースですね。今年は9頭立てというだいぶさびしいメンバーとなりました。

注目馬

本命は目下3連勝中の◎メールドグラース。鞍上は話題のダミアン・レーンです。前走のG3新潟大賞典でミッキースワローに勝っているというのが心強い材料です。ある程度の位置で競馬ができるタイプですし、少頭数ということもあって、どこからでも競馬ができると思います。前を交わしに行くタイミングだけを意識したら良さそうですし、軸はこれで良いでしょう。キングカメハメハが強いレースでもありますから、ルーラーシップ(父キングカメハメハ)の産駒という点も強調できるところです。

○ステイフーリッシュは血統的に推したい1頭。この時期の阪神開催は宝塚記念に至るまで、ステイゴールドの産駒がよく走っています。おととしの覇者ステイインシアトルもステイゴールド産駒でした。前走がG1だったということで度外視してしまえば、G3でしかもこのメンバーなら格上と言ってもいい存在です。

▲タニノフランケルもここのところの充実度は目立っています。前走は格の高いG2金鯱賞で10着と崩れましたが、その前はG3小倉記念、さらにその前はG3中山金杯で馬券に絡んでいます。今年の鳴尾記念であれば勝ちきってもおかしくありません。武豊の乗り方に注目したいですね。名牝の仔として重賞ウイナーの仲間入りをするには絶好のチャンスだと思います。

注目馬はブラックバゴ。この馬はなぜか追いかけてしまっていて、今回こそは差せると何度思って裏切られたことか…。毎回ちゃんと追いこんでくるのですが、どうしても止まる。今回も普通に考えればペースも上がらず前が有利な展開になりそうなんですが、逆にブラックバゴは追走がかなり楽になります。
スローの前残りになる展開だからこそ末脚がハマる、という展開をひそかに期待しているんですが、同でしょうか。

まとめ

◎ メールドグラース
○ ステイフーリッシュ
▲ タニノフランケル
注 ブラックバゴ

コメント