【予想コラム】中山記念2020

競馬予想

2020年2月29日(土)より新型コロナウィルスの影響で、無観戦レースを開催することとなり、今年の中山記念は無観戦での出走となります。

中山記念の予想

声援などがない静かな環境の中での出走となり、馬のコンディションも果たしてどうなるのか不安ではありますが、今年も間違いなく中山との相性が良い◎ウインブライトでしょう。

ウインブライトの過去中山競馬場での重賞制覇は、スプリングS1回、中山記念2回、日刊中山金杯1回と4勝しています。今回は、長らくコンビを組んでいた松岡正海騎手が怪我の為、ミナリク騎手に乗り換えとなっていますが、本人曰く「いい状態であり馬はリラックスしてハッピーな感じ」とインタビューで話しており高評価でありました。
ミナリク騎手とウインブライトの新コンビに期待したいところです。

一方、対抗としては〇ラッキーライラック
昨年の中山記念ではウインブライトとクビ差で2着でした。最近では昨年エリザベス女王杯を制し、香港ヴァーズではグローリーヴェイズに完敗したものの0.6秒差であり、今波に乗っています。

また、今回はMデムーロ騎手と初コンビとなります。Mデムーロ騎手は中山1800m戦については全騎手の中で最多である8勝しており、心強いパートナーとなります。

そんなラッキーライラックが、中山記念2連覇中のウインブライトとどう戦うのか、今年は昨年のリベンジを行えるのかに注目したいところです。

一方、現在上位人気であるダノンキングリーについては毎日王冠で1800mを制覇しているので距離については問題はないですが、中山での1800mは初となります。

また、同じく上位人気のインディチャンプは中山自体が初めてとなります。この2頭が昨年1着2着であるウインブライトとラッキーライラックにどう絡んでくるのかが見どころではありますが、固くいくのであれば中山1800m経験済みである◎ウインブライト〇ラッキーライラックとしたいところです。

また、2016年には阪神JF、2017年にはオークスとG1を制したソウルスターリングと、逃げ馬として活躍し2016年には福島記念など重賞を3勝制したマルターズアポジーの2頭がこの中山記念で引退します。

ソウルスターリングについては、脚部の不安から直近で2回続けて出走取消となり約9カ月ぶりの出走であり厳しい状態ではありますが、最後にまた過去のような走りを見せてくれることを期待し☆ソウルスターリングとしたいところです。

観客のいないラストランとなりましたが、引退馬についても注目です。

まとめ

本命はウインブライト。ミナリク騎手に乗り替わってどんな競馬をみせてくれるのか楽しみですね。

コメント